マイコプラズマってどんな病気?気になる症状と感染経路・感染対策

マイコプラズマ肺炎の感染者数が、1999年の調査開始以降
過去最多レベルになったと報告されました。

マイコプラズマってどんな病気なの?

どんな症状を起こすの?

どうやって感染するの?

感染するのを防ぐにはどうしたらいいの?

今日は知っているようでよく知らない、
マイコプラズマについてまとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

マイコプラズマってどんな病気?

10-20-%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%83%9e%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e7%97%85%e6%b0%97%ef%bc%9f%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e7%97%87%e7%8a%b6

マイコプラズマの流行が過去最大レベルで拡大してます。

マイコプラズマって子供が小さい時とかには
かなりよく聞いた病気いたので、「子供の病気」というイメージがありますが
大人でも感染するものなのでしょうか?

マイコプラズマというのは、
ウィルスでも細菌でもなく、その中間・病原性微生物で
マイコプラズマというのは病名ではありません。

マイコプラズマに感染することによって起こるのが
マイコプラズマ肺炎』なんですね。

マイコプラズマに感染することで
気管支炎になったり、逆に不顕性感染と言って
症状は全くないのに感染している、
という状態になることもあります。

子供がかかりやすいというのは嘘ではありませんが、
大人も子どもも感染する可能性はあり、
大人の場合、子どもよりも重症化しやすいと言われています。

マイコプラズマ症状ってどんなの?

マイコプラズマ肺炎ってどんな症状が出るのでしょうか?

マイコプラズマ肺炎の特徴的な症状を
まとめてみましたよ。

●38度以上の高熱
→→出ない場合もあるので注意!

●倦怠感

●乾いた咳(空咳)

●激しい咳

●痰が出る(血が混じる場合も)

●胸痛

●レントゲンに影が映る

●喘息のような呼吸音(ヒューヒュー・ゼロゼロ)

が主な症状です。

マイコプラズマ肺炎は様々な合併症を起こす可能性があります。

●気管支炎

●中耳炎

●副鼻腔炎

●髄膜炎

●脳症

●肝炎

などがマイコプラズマ肺炎の合併症としてよく知られています。


スポンサードリンク




マイコプラズマの感染経路は?

10-20-%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%ba%e3%83%9e%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e7%97%85%e6%b0%97%ef%bc%9f%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e7%97%87%e7%8a%b6


マイコプラズマってどうやって人から人へ感染していくのでしょうか?

マイコプラズマは『飛沫感染』『接触感染』によりうつっていきます。

咳やくしゃみ(飛沫)を吸い込んだり触ったりすることで、
2週間〜3週間の潜伏期間を経て感染します。

特に接触する機会が多い家族間での感染が多いと言われており、
子どもが幼稚園や学校などで感染した後、
親に感染するというケースも。

マイコプラズマは、

潜伏期間が長い上に、

病原体を排出している期間が長いため、

知らないうちに多くに人に感染させてしまう、
という可能性があるのが恐ろしい所ですね。

マイコプラズマの感染対策

マイコプラズマ肺炎自体は、抗生物質の投与が大変効果があるので
そこまで恐ろしい病気という訳ではありませんが、
マイコプラズマに感染しない為には
一体どのような対策を取れば良いのでしょうか?

一番良いのは、咳やくしゃみなどをしている人と
濃厚な接触を避けること。

激しい咳をしている人やくしゃみが頻繁に出ている人などは
マイコプラズマに感染していようがいまいが、
警戒して距離を取ったほうがいいですね。

とは言え、それが自分の子ども・家族だった場合には
そうもいきません。

そんな場合に有効なのは、
ありきたりだな〜と思うかもしれませんが、
やはり手洗い・うがいの励行!

特にハイターを薄めたものなどが殺菌効果があって有効です。

また、インフルエンザのウィルスなどと同様に、
室内の湿度が高いと感染が抑えられるという結果もあるので、
加湿器などで湿度を高く保つというのも有効。

きちんとバランスの取れた食事や、十分な睡眠も
抵抗力を高めるのには大切なので、
なるべくストレスをためず、リラックスした生活を
心掛けましょう。

まとめ

マイコプラズマ肺炎は、4年毎に流行するといい、
別名「オリンピック熱」とも言われているそうです。

マイコプラズマ肺炎にかかると咳が絶え間なくこみ上げてくるので、
きついし、とても体力を消耗します。

初期症状が風邪に似ているため、マイコプラズマ肺炎と
正しく診断されるまで時間がかかった、って人も多いです。

治るのにも時間がかかるようなので、
なるべく感染しないように予防に重きをおきましょう。 

スポンサードリンク




2016年10月20日 マイコプラズマってどんな病気?気になる症状と感染経路・感染対策 はコメントを受け付けていません。 健康