ハロウィン かぼちゃの由来とは?ジャックオーランタンのなぜ?!

10月31日はハロウィンです。

日本でもすっかり秋のイベントとして定着したハロウィン。

でもハロウィンって何でかぼちゃなの?

ジャック・オー・ランタンって一体何なの?

今日はハロウィンの何故?をまとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

ハロウィン かぼちゃの由来とは?

9-9-%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3-%e3%81%8b%e3%81%bc%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e7%94%b1%e6%9d%a5%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc

秋のイベントとしてすっかり日本でも定着した感のあるハロウィン。

日本では詳しい由来や、宗教ごととは無縁で
仮装したり、美味しいものを食べたり、
みんなでパーティーを開いたりなど、
楽しむためのイベントとして老若男女問わず
受け入れられているようです^^

そもそもハロウィンというのは、
古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことで、
本来は、

●秋の収穫を祝う

●悪霊などを追い払う

という、宗教的な意味合いが深いイベントでした。

ケルト人の1年の終わりは10月31日で、
この日には死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたんだとか。

その日と時期を同じくして出てくる魔女や精霊などの悪霊から身を守るために、
仮面をかぶり魔除けの為に火を焚いていた、というのが始まりで、
ハロウィンでかぼちゃが使われるのはその名残と言われています。

ケルト人の国であるアイルランドでは
10月最後の月曜が祝日『ハロウィン休み』となり、
すべての学校でお休みになるなど、今でもその歴史が色濃く残っています。

しかし今では、ケルトから広まった国々では、
ハロウィンに宗教的な意味合いはほとんどなくなり、
お化けや魔女など様々な仮装をした子供たちが
『トリック・オア・トリート」と叫びながら家々を訪れて
お菓子をもらったりする、楽しいイベントとなっています。

アメリカの大衆イベントとして広く一般的に知られていますよね。

日本ではまだまだそこまでオープンに、
周辺の家々を回ってお菓子をもらう、までは浸透していませんが、
いかにもハロウィン的なお菓子を作って食べたり、
かわいい仮装をしたり、
みんなでお菓子などを持ち寄ってパーティーをしたり、
などなど、みんな様々なハロウィーンの楽しみ方をしているようです。

日本ではディズニーランドが率先して広めた感がありますが、
今では様々なテーマパークや遊園地、
またお菓子メーカーなどもハロウィンを積極的に使っています。

今ではクリスマスやバレンタインなどと肩を並べる
日本のビッグイベントとなっているんですよ^^

スポンサードリンク



ジャックオーランタンがハロウィンでなぜ使われるの?

8-7 ハロウィン ダッフィー グッズが今年もかわいい!売り切れるのはいつ?

ハロウィンといえばかぼちゃ。

かぼちゃと言えばジャック・オー・ランタンですよね?

ジャック・オー・ランタンってかわいいんだか
不気味なんだかよく分かりませんが、
ハロウィンっていうとコレ!と言わんばかりに
どこでも目につきますよね。

様々なグッズにもなっていますし^^

でも、このジャック・オー・ランタンって一体何なの?

どういう意味があるの?

このジャック・オー・ランタンは、

★かぼちゃのおばけ

★かぼちゃの提灯

的なもので、ハロウィンのシンボルとなっています。

大きなオレンジ色のかぼちゃをくり抜き、
目や鼻、口を付け、怖い顔やコミカルな顔など様々な表情を付け、
悪霊たちを追い払うのです。

このジャック・オー・ランタンは
ハロウィンの夜に家の戸口の上り段に置くのがルールなんだそうです。

ハロウィングッズとして日本でもたくさん売られている
ジャック・オー・ランタンにも、ちゃんとした意味があったのですね?

まとめ

ハロウィンというと、コスプレをしたり
家にハロウィン的な飾り付けをしたり、
カボチャモチーフのお菓子や料理を作って食べたり
などなど、かなり楽しいイベントとして一般的に受け入れられていますが、
本来はこのような意味があったのですね?

最近では渋谷などでものすごい仮装をしている人の
マナーなどが問題になりつつありますが、
節度を守り、みんなで楽しいイベントにしたいものですね。

スポンサードリンク