寝てる時にビクッてなる現象の名前は?その原因と予防法!

ウトウトしていたら体がビクッとなって起きてしまう、
そんな経験ありませんか?

あの現象に名前ってあるの?

ビクってなる原因は?

などなど、今日は寝てる時にビクッてなる
あの現象についてまとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

寝てる時にビクッてなる現象の名前は?

寝てる時にビクッてなる現象の名前は?その原因と予防法!

ちょっとウトウトした時や、眠っている時に
突然ビクッって痙攣して、起きてしまう、
そんな経験をしたことがあるって人、多いのではないでしょうか?

せっかく寝ようとしていた、
気持ち良く寝ていたのに、突然ガクってなると
気持ちが悪いというか、嫌〜な気分になりますよね?

実はこの寝てる時にビクッてなる現象にも
ちゃんとした名前があるんです。

ジャーキング』『スリープスターツ』と言います。

英語では「hypnagogic jerk」と言い、
睡眠時の痙攣という意味があるんだとか。

つまり、筋肉が痙攣して起こる現象なんですね。

こんな現象にまでちゃんとした名前があることに
びっくりしてしまいますね^^

寝てる時にビクッてなる 原因は?

寝てる時にビクッてなる現象『ジャーキング』ですが、
そのジャーキングの原因って一体何なのでしょうか?

実はジャーキングの詳しい原因については
よくわかっていないというのが実状。

ある説では、睡眠時に筋肉が緩むことで脳と脊髄が
眠っている状態で高所から落ちたと勘違いして
間違った神経伝達をした為だと言われています。

また、ストレスや疲労が強い場合にもジャーキングの
症状が強く出る場合があると言われているので
生活習慣との関連も考えられているようです。

その他にも、

  • 寝方が快適でない姿勢である

  • 浅い眠り(レム睡眠)

  • 寝ている時に大きな音や話し声がした

  • 落下する夢を見た

などなどが理由として考えられています。

誰にでも起こる現象なので、そこまで心配はいりませんが
周期性四肢運動障害という病気である可能性も稀ですがあるので、
症状がひどい場合には病院に相談に行ってみても良いでしょう。

スポンサードリンク



寝てる時にビクッてなる 予防法は?

ジャーキングがよくある現象で、
ストレスや疲れが溜まっている時などに起こりやすい、
ということはわかりました。

では、ジャーキングの予防法や改善法というものはないのでしょうか?

生活習慣がジャーキングに大きな影響を与えているのでは?
と言われているため、ジャーキングの症状がひどかったり、
頻繁に起こったりするような場合には、
生活習慣の改善や、ストレス・疲労の解消を行った方がいいですね。

  • 適度な睡眠を正しい姿勢で取ること

  • バランスの良い食生活を送ること

  • 軽い運動でも良いので日常的に取り入れること

  • ストレスをなるべく溜めないようにすること

  • リラックスする時間を持つようにすること

などなどがジャーキングの予防法としては最適なものです。

アロマテラピーなどのリラクゼーションや、
寝る前のストレッチなども効果が高いと言われているので
積極的に生活に取り入れたいですね。

まとめ

ストレスや疲れは様々な疾患やいや〜な症状の原因になりやすいです。

程度にストレスや疲れを解消し、
毎日を楽しく健やかに過ごしたいものですね。

スポンサードリンク




2016年9月2日 寝てる時にビクッてなる現象の名前は?その原因と予防法! はコメントを受け付けていません。 健康 悩み