ポケモンgo やってみて分かったこと!バッテリーの減りはどうなの?

日本中、ポケモンGO一色ですね〜。

色々な場所でポケモン集めをしている人も多いのではないでしょうか?

流行りもの大好きな私も、早速インストールして遊んでみました!

実際に遊んでみたら色々なことが見えてきましたよ。

今日は実際に遊んでみて感じたポケモンGOのことについて
まとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

ポケモンgo やってみた!わかったこととは?

リリースされて初の日曜日を迎え、
ますます人気になっているポケモンGO。

若い芸能人はもちろんのこと、年配のコメンテーターさん達も
こぞって遊んでいると言っていましたよね^^

どこのテレビ局もポケモンGOのことばかりで少々飽きつつありますが、
私も(いい年して)ポケモンGOをダウンロードして実際に遊んでみました!

ちなみに、私はゲーム大好きです。

ドラクエ・ファイナルファンタジーなどの王道はもちろん、
God of Warやマリオカート、マインクラフトなど
アラフォーになって今でもよくやってます。

もちろんポケモンも『ポケットモンスター赤』から
全てっわけではないですが、ほぼやってきました。

でも、このポケモンGOをガッツリやるつもりはありません。

あまりのめり込まない程度に、少しづつというのが
ポケモンGOでのコンセプト。

そんなアラフォーの私が実際に遊んでみたら、
ポケモンGOの色々なことが見えてきましたよ。

今日は、今遊んでいる人も遊んでいない人も楽しめる
ポケモンGOについてまとめてみました。

気をつけないとやっぱり危ない

私がポケモンGOを遊ぶ地域は、都市部ではなく郊外な為、
ポケストップの数もジムの数もとても少なく、
GETできるポケモンもとても少ないです。

実際に出てみると、ネットで知った都市部(東京など)と比べ、
圧倒的に少なく、降りな条件であることがわかります。

近所を少し歩いた程度ではポケモンもあまりいないため、
車で回ってみましたが、これも非常に危ないですね。

歩きスマホが危ないのはもちろんですが、
車で回っていてもとても危険!

私は運転してもらって車の後部座席でやってみたのですが、
ポケモンは急に出没しますし、
運転をしている人も、人がしているポケモンGOに
気を取られやすいので、誰かに運転をしてもらっていても
危険だと感じました。

自分で運転してポケモンGOをするなんて
自殺行為だと感じましたね。

人通りや車が多い場所では十分に気をつけないといけません。

夜遅くまで子どももいた!

色々な公園や観光地にポケモンを求め、
沢山の人が集まっていますが、
深夜になっても人が多く集まっている場所もあり、
その中に子どももいました。

早く集めたい、レアポケモンを集めたい、
という気持ちはわかりますが、
特に今は夏休みで気分も緩みがちなので、
どんな危険な目に合うか?考えただけでも心配。

子どもに遊ぶな!とは言いたくないが、
安全には十分に気をつけてほしいなと思います。

デマが拡散する

うちの近くではないですが(なにせ田舎なので)、
「XXにレアポケモンがいる」と言う情報がSNSなどで
ば〜っと拡散し、実際にそこがすごい人だかりになって
交通の妨げになることがあること。

実際にうちの県の有名な場所に
レアポケモンが出るという噂がたち、
人が殺到している、と地元の新聞で見ました。

今のところ、何らかの被害とかはないようですが、
噂だけですごい人が集まることがすごい!

ポケモンGOって何がすごいって、
バーチャルと現実世界がうま〜く融合している所だと思います。

ちょっと引いた目で見ていた私でさえ、
ポケモンが急に現れたら、興奮してアドレナリンが出まくりました。

ポケモンなんか全く知らない両親も、
ピカチューとかイーブイが実際に目の前に現れたら
興奮してましたし^^

ある程度分別がある大人でも、夢中になってしまって
色々な事故にあったり、トラブルを起こしてしまったりしています。

これがまだ分別の付かない子どもだと、
事件や事故、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性が
確実にあると思います。

せっかく楽しく遊べるゲームなのに、
トラブルに巻き込まれたり、怪我をしたりしては
本当に悲しいですよね。

少なくとも親世代の私達が、危険性も踏まえた知識を蓄え、
小学生や幼児のみで危ないことをしないように、
しっかりと見ておく必要がありそうです。

スポンサードリンク



ポケモンgo バッテリーの減りはどう?

ポケモンGOが大ヒットして、今、モバイルバッテリーが
ものすごく売れています。

実際にポケモンgoのバッテリーの減りはどうなんでしょうか?

実際に遊んでみて確かめてみた所、
それはもうすごい勢いでバッテリーが減っていきます。

私は持っているAndroidが対応していなかったので、
iphone5Sでやっていますが、
バッテリーを100%にしていったものの、
15分20分足らずで30%近く減りました。

テザリングだったことも大きいかもしれませんが、
位置情報システム(GPS)も使うので、
かなりバッテリーを消耗するものと思われます。

私は5200mAhのモバイルバッテリーを持っているので、
いざというときはそれを使いますが、
モバイルバッテリーを持っていないと、
長時間ポケモンGOで遊ぶのは難しいですね。

本当にメキメキっと減っていきますから^^

今は昔と比べ、スマホのバッテリーも大容量になっていますから、
最低でも5200mAhのモバイルバッテリーは用意したほうがいいでしょう。

モバイルバッテリーとして有名で、信用が高いのは
Ankerもモバイルバッテリーですね。

セル部分が国産のパナソニック製だということも
安心できる材料です。

ポケモンGOをバッテリーのことを気にしないで
ガッツリ遊びたい!という場合には
モバイルバッテリーが必須といえますね。

まとめ

ポケモンGOは、とても楽しい、画期的なゲームだと思います。

都市部と地方との格差は気になりますが、
マナーを守って遊ぶことで、危険を回避でき、
長く楽しめると思うのです。

多分、色々な嫌なニュースが報道されていくことでしょうが、
ルール・マナーをきちんと守り、
安全だけには十分注意して遊んでほしいなと思います。

スポンサードリンク




2016年7月25日 ポケモンgo やってみて分かったこと!バッテリーの減りはどうなの? はコメントを受け付けていません。 PC・スマホ