夏、車の中が暑い!車内温度を効率的に下げる方法とは?

毎日暑いですね〜。

夏になると車の中が暑くなりすぎて
車で移動するのも大変!

車内が暑くなるとクーラーの効きも悪くなって
なかなか涼しくならない!

早く車内が冷える方法ってないの?

今日は夏の車の中を快適な温度に戻す方法を
まとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

夏の車の中が暑いんだけど・・・

6-29 熱中症 なりやすい人となりにくい人の違いは?熱中症の症状の対処法!

暑い夏。

車の中が暑すぎて嫌になりますよね?

炎天下のもとに車を置いていたら車の中は猛暑で
なかなかすぐにクーラーが効いてくれないし、
せっかく涼しくなったと思っても
あちこち寄っている間にまた暑〜い車内に逆戻り。

ハンドルも持てないぐらい熱いし、
もう嫌になっちゃう!って人も多いのではないでしょうか?

夏の車の中は、クーラーを切るとあっという間に
ものすごい温度になってしまいます。

フロントガラスからは直射日光が入り、
ダッシュボートや車内の温度を上げてしまいます。

サンシェードでフロントガラスを覆うことで
車内の暑さをある程度抑制することは出来ますが、
完璧というわけにはいきません。

できれば日陰になっている場所、
今から日陰になる場所に止めた方がいいですが、
それが無理な場所も多いでしょう。

夏はどうしても車内が暑くなってしまうことは
避けられそうにありませんが、
少しでも早く室内温度を下げる方法ってないのでしょうか?

スポンサードリンク



夏の車 車内温度を下げる方法とは?

直射日光の下に停めていた車の中は猛烈に暑いです。

ひどいと呼吸するのも大変なくらいですよね?

こうなってしまうとクーラーを入れても
なかなか効いてくれず、いつまでたっても涼しく感じられません!

そんな時は、

  • ドアを開け閉めして、熱気を出す

  • 冷却スプレーを使ってみる

  • 窓を開けてみる

などなど、みんな様々な方法を使って
少しでも早く車内が冷えるようにしているようですが、
一体どんな方法が早く車内が冷えるのでしょうか?

一番早く冷える、と言われているのが、
エアコンをつけたまま、窓を開けて走行する、
という方法でした。

私も長年、こうしてきたのですが、
確かに一番早く車内の温度が冷えると感じますね。

車内が熱い空気のままエアコンを入れても
全く効果がないばかりか、いつまでたっても涼しさを感じないので、
窓を開けたままのエアコンはもったいない気もしますが、
この方法で車内の暑い暑い空気を外に出してから
クーラーをつけるといいですね。

【夏の車内温度を下げる最も効率的な方法・やり方】

①車の窓を全開にする
→窓は対角線上の窓を開けた方が、空気の流れが良くなりますよ^^

例:運転手席側と後部座席左側

②エアコンを入れ、『外気導入』にする

③そのまま車内が涼しく感じるまで走る

④車内の熱気がおさまったら、窓を締める

⑤エアコンを『内気循環』にする

金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム

注意する点

この方法を取っても、ハンドルやダッシュボードなどは
熱さがいつまでも残っている可能性があります。

できればハンドルなどは、タオルなどで覆った方がいいでしょう。

また、赤ちゃんが座るチャイルドシートでは
金具の部分がものすごく熱くなっていて
触れると火傷をする可能性が高いです。

チャイルドシートに座らせる時には、
赤ちゃんが誤って触って火傷をすることがないように
しっかりと注意してあげて下さいね。

赤ちゃんは汗っかきなので、
チャイルドシートのシート部分も触ってみて、
熱くないのを確認してから乗せてあげることも大事!

保冷シートなどを使うとかなり涼しいので
おすすめですよ^^

まとめ

夏の車の中は本当に暑くて、地味に体力を消耗してしまいます。

車内の温度を早く冷やして、快適に運転したいものですね。

スポンサードリンク




2016年7月20日 夏、車の中が暑い!車内温度を効率的に下げる方法とは? はコメントを受け付けていません。 悩み