子供が遊ぶ時のポケモンGOの危険性と対策を考えてみる。

ただいま大ヒット中のスマホアプリ『ポケモンGO』。

世界中でかなり注目を集めていますが、
それに伴い、色々な事故や事件がニュースで報道されています。

子どもがポケモンGOに興味津々だけど、
これから配信されたら危険な気がして・・・という声もちらほら。

今日は子供が遊ぶ時のポケモンGOの危険性を考えてみました。

スポンサードリンク



     

ポケモンGO 危険性

世界的な大ヒット中のスマホアプリ『ポケモンGO』。

日本での配信はまだですが、
今月中には配信されるのでは?と噂されていますよね。

ニュースで取り上げられることが増えるにつれ、
子どもたちの関心も増しているようです。

実は私も楽しそうだな〜と思っているのですが、
色々な事件や事故を見ると、
大人は自己責任で、とは言ったものの、
子どもの場合は大人が気をつけてあげないと
かなり危険なんじゃないかな?と思ってしまいます。

そろそろ日本でも配信が始まりそうなポケモンGO。

子どもが遊ぶにあたって
どのような危険性が考えられるのでしょうか?

歩きスマホで事故

一番考えられるのが、歩きスマホをすることでの事故。

子どもの場合、集中してしまうと周りのことが
見えにくくなってしまうことが多いため注意が必要です。

アメリカなどでもポケモンGOでのポケモン集めに熱中した子どもが
車に轢かれたり、転落したりという痛ましい事故が起きています。

深夜徘徊が増える

このポケモンGOは、自分で歩いてポケモンをゲットしたり、
ポケモンの卵を孵化させたりするゲームです。

ダイエットになったり、引きこもり解消になったり、
などなど、使い方によってはとても良いゲームなのですが、
夢中になってしまって、場所・時間を問わず
ポケモン集めに熱中してしまう、という可能性も。

もし噂通り7月に配信されたとしたら、
ちょうど夏休み期間中なので、こっそり深夜徘徊をしてまで
ポケモン集めに熱中してしまう、ということも十分に考えられます。

熱中症になる危険性

これも夏に配信されれば十分に考えられる危険性です。

暑い中、つい夢中になってポケモン探しをしてしまい、
熱中症や日射病で倒れてしまう子どもも出てくるかもしれません。

位置情報が他人にわかってしまう危険性

ポケモンGOは位置情報(GPS)を使って遊ぶゲームです。

現在の位置情報を使って近くにいるポケモンを探すことになるので、
位置情報を始めとした「個人情報」が、他人に漏れてしまう
という可能性も否定はできません。

元にポケモンGOに似たゲームで「 ingress」というものがありますが、
このゲームでは女子が少ないこともあって、
ストーカー被害にあったり、
自宅周辺を付きまとわれたり、
などということが実際にありました。

親も十分に注意する必要がありますね。

日本ではそこまでの危険性はないかもしれませんが、
アメリカなどでは、レアなポケモンを餌に
強盗事件などの凶悪事件も起こっています。

ポケモンで遊ぶと、
レアポケモンがどうしても欲しくなりますし、
レアなポケモンが出たと聞くと、
そこに行きたくもなってしまいます。

子どもは危険性をわからなかったりするので、
自分では自覚がないままに危険な行動を取る可能性もありますよね。

「危ないからしちゃダメ!」と言っても
お友達がしていたりすると、親の言うことは聞かないかも?

ということで一応の対策を(難しいですが)考えてみました。

スポンサードリンク



ポケモンGOの危険対策

①歩きスマホを止める

取り敢えず一番の危険は歩きスマホになってしまうこと!

コレに尽きるので、とにかく歩きスマホをやめさせるようにしましょう。

歩きながらスマホ画面を見なくても、
『Pokemon GO Plus』という、ポケモンがいたら
知らせてくれるデバイスがもうすぐ発売予定です。

これもしばらくは手に入りづらいでしょうが、
このデバイスがあることで歩きスマホ対策になるので、
できればGETするといいですね。

②自宅周辺では遊ばないようにする

自宅がバレると思わぬトラブルになる恐れもあるので、
自宅周辺ではなるべく遊ばせないようにする。

③夜はスマホを親が管理する

深夜徘徊などを防ぐため、夜は親がスマホを管理するのがBEST。

何時から何時まで、と親子で話し合って決め、
それを守った上で遊ぶ約束をしましょう。

④個人情報は極力使わない

ポケモンGOで遊ぶ際にはアカウント登録が必要。

それらのアカウントに必要な個人情報は、
TwitterやFacebookなどのアカウントと同じ物にしないこと!

最悪、そこから個人情報が漏れる可能性もあるので、
正直すぎる個人情報入力はNG!

⑤できれば親がいる時にやらせる

かなり難しいですが、親が一緒に遊ぶというのが
一番安心できる遊び方かもしれません。

親と一緒だとダサい!とか思われそうですが、
大人と一緒だと危険を回避できますし、
ポケモン交換などもできるので、楽しく遊べると思います。

ただ子どもの熱中度次第では、親と一緒に遊ぶ、
というのは無理だと言われちゃうかも?

とても画期的で楽しいゲームなのですが、
やはり実際に歩き回って遊ぶゲームなので、
危険な点があることは否めません。

日本は色々と規制が多いため、
そこら辺の問題をクリアできないために
外国に比べ配信が遅れているとも言われています。

興味を持っている子どもに「遊ぶな!」
ということはかなり難しいです。

親もしっかりと勉強し、危険がないかを
しっかりと親子で話し合う必要があるといえるでしょう。

まとめ

ポケモンGOは楽しくて、
ハマってしまう人が続出しそうですね。

レアポケモンが出現したりなど、楽しいイベントも
予定されていると思います。

子どもに興味を持つなということが難しそうなので、
親御さんも配信される前に色々と勉強して
知識を付けておくことが大事ですね。

スポンサードリンク