沖縄旅行で気をつけること!ジーマーミ豆腐のアレルギーに注意!

台風が近づいていますが夏ですね〜。

この夏は沖縄に行くんだ〜って人も
多いかもしれませんね^^

でも今、沖縄の観光客の間で
あることが問題になっていて、
気を付けるように呼びかけられているそうです。

沖縄に行く人に気をつけて欲しい、
ジーマーミ豆腐のアレルギーについて
まとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

沖縄旅行で気をつけることって?

夏ですね〜。

夏というと、沖縄の美しい海が人気です。

今年の夏は沖縄旅行を予約しているって人も
多いかもしれませんね。

沖縄は、

  • 台風がたくさん来たり、
  • 日差しが強かったり、

などなど注意しなければいけないことが多少はありますが、
そこまで大変なことはありません。

『沖縄のビーチで焼くんだ〜』って人がいますが、
沖縄は大変紫外線が強く、東京の約1.5倍の紫外線量だといいます。

なので日焼け止めをしっかりと塗って、
ラッシュガードなどで肌を守るようにしましょう。

沖縄の人たちは、日差しが弱くなる夕方から
海水浴をするのが普通です。

また、クラゲやオニヒトデ、ハブやスズメバチなど、
危険生物も多いので、注意するようにしましょう。

スポンサードリンク



ジーマーミ豆腐 アレルギー

7-8 沖縄旅行で気をつけること!ジーマーミ豆腐のアレルギーに注意!

沖縄は今のところ治安が良いので、
そこまで心配するような場所ではありませんが、
今、沖縄を訪れる観光客の間で問題になっているのが、
沖縄の郷土料理・ジーマーミ豆腐を食べて
アレルギー症状を起こす人が多い、ということです。

ジーマーミ豆腐というのは沖縄の郷土料理の一つ、
落花生(ピーナッツ)を使った加工品で、
沖縄県内ではスーパーなどで簡単に手に入る人気料理です。

タレが付いていて、もちもちした食感が美味しいと評判ですが、
一方で好きじゃない、おいしくないという声も。

沖縄に行ったらどこのお店でも食べられるので、
現地の味を求める観光客に好評なのですが、
ジーマーミ豆腐と言う名前が沖縄独特でわかりにくいこともあり、
ピーナツアレルギーなのに知らずに食べて
アナフィラキシーショック状態に陥ってしまい、
危険な状態になる、ということが
観光客の間で起こっているのです。

ジーマーミ豆腐を食べてアナフィラキシーショックを起こした場合、

  • じんましん
  • 嘔吐
  • 意識障害
  • 血圧低下
  • ショック死

などが起こる場合があります。

  • ピーナッツは重篤なアレルギーを起こしやすい、
  • 低年齢の子どもが多い、

と言われています。

観光地に来たからと浮かれたりせず、
ジーマーミ豆腐がピーナッツが原材料であることを
しっかりと認識しておいて、注意して欲しいと思います。

まとめ

沖縄は美しい海や、地元の珍しい料理など、
楽しい美味しいものがいっぱいです。

でもちょっとした認識不足や、油断で
旅行が台無しになってしまう可能性も。

十分に注意して、思い出に残る楽しい旅行にしたいものですね。

スポンサードリンク




2016年7月8日 沖縄旅行で気をつけること!ジーマーミ豆腐のアレルギーに注意! はコメントを受け付けていません。 イベント 健康