30代 乳がん検査はした方がいいの?マンモグラフィーと超音波どっち?

市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの
小林麻央さんの乳がんが伝えられてから、
乳がん検診に行く人が急増しています。

40代以上の人がかかりやすいと言われていた乳がん。

30代の人も乳がん検査って受けた方がいいの?

マンモグラフィーと超音波、
どちらを受けたほうが良い?

今日は30代の乳がん検査について
まとめてみました。

スポンサードリンク



     

30代 乳がん検査はした方がいいの?

小林麻央さんの進行性乳がんの公表は
とてもショッキングでしたね。

海老蔵さんの会見を聞き、
乳がん検査を受ける女性が全国で急増しています。

以前、北斗晶さんが乳がんを発表した後も
全国的に乳がん検査に行く女性が急増し、
しばらくは予約もできない状況が続きましたが、
小林麻央さんの場合は、年齢が33歳ととても若かったことから
20代・30代の若い人たちが特に関心をもつ
きっかけとなったようです。

乳がんというのは長く、40代以上の人がかかる病気だ、
と言われてきました。

一般に乳がんにかかる年齢のピークは、
40代後半から50代
なので、
自治体などの乳がん検診は、40代以上が対象となっています。

なので若い人は乳がんの検査を受けなくても良い、
という風に思われがちですが、
今、日本では12人に1人が乳がんを発症する時代。

今後は30才代、特に35歳以上で乳がんにかかってしまう人も
多くなっていくと予想されます。

乳がんは他のがんに比べ、
比較的早期発見しやすく、治りやすいとも言われます。

なので年齢を問わず、気になったらすぐ
乳腺外来や、乳がん外来などを訪れ、
検査をした方が安心ですね。

スポンサードリンク



マンモグラフィーと超音波 30代が受けるならどっちがいいの?

乳がんというとマンモグラフィー検査が有名ですね。

私も30代前半の時にマンモグラフィーをしましたが、
ものすごく痛かった記憶があります。

あの時はまだ出産していなかったので、
乳房にハリがあった為、かなり痛かったのだと思います。
(ちなみに出産後マンモグラフィーをした私のまわりの人は、
ほぼ100%の人が痛くなかったそうです^^)

マンモグラフィー検査とは、
乳房専用のレントゲン検査のことで、
透明な板で乳房を上下から挟み、薄くした上で撮影します。

マンモグラフィーは、

  • 短時間で検査が出来る
  • 石灰化を伴う乳がんが発見できる

などのメリットもありますが、

乳腺も白く映ってしまうため、
乳腺が発達している20代・30代の若い女性には不向き、

とも言われています。

乳がんとの区別が付けづらいんですね。

またわずかながら被爆する可能性もあるため、
妊娠中や授乳中は検査できません。

一方、超音波検査(エコー検査)は、
乳房表面に透明なゼリー状のものを塗ってエコーを当て、
その超音波の反射波を利用する検査。

よく見る光景なので、乳がん検査でなくても
実際にしたことがある人も多いかもしれませんね。

超音波検査は痛みも全く無く、
触診ではわからなかった小さなしこりを見つけることが可能。

被爆することもないので安心です。

超音波検査の場合は、マンモグラフィの場合とは違い、
乳腺が発達している若い女性の場合でも、
しこりを発見できるので、
最近ではマンモグラフィーではなく、
超音波検査を受ける人も多くなってきています。

ではマンモグラフィーと超音波、
どちらを受ければいいのか?ということですが、
これは30代の場合、医師でも結果が分かれており、
残念ながらあまりあてにならない状態・・・・。

ですが一番多かったのは、
マンモグラフィー検査と、超音波検査をどちらも受けるのが好ましい
という結果でした。

お金がかかることなので必ず両方受けるべし!
というものではありませんが、
できればマンモグラフィーと超音波の両方を受けたほうが安心ですね。

まとめ

最近ではちびまる子ちゃんのお姉ちゃん・さくらさきこさんの声や
ディズニーリゾートのミニーマウスの声を担当していた
水谷優子(51歳)さんも乳がんで亡くなりましたよね?

この人の死もものすごいショックでした。

日本の食生活の欧米化に伴い、
これからますます乳がんが増えていくと予想されています。

早期発見・早期治療を目指すために、
1年に1度は乳がんの検査をした方が良さそうです。

スポンサードリンク




2016年6月15日 30代 乳がん検査はした方がいいの?マンモグラフィーと超音波どっち? はコメントを受け付けていません。 健康 悩み