東京ディズニーランドの熱中症対策!熱中症の症状を知って元気に楽しもう!

ゴールデンウィークが無事済んだら、
次はいよいよ夏休みですね^^

夏休みに向けてディズニーの予約を取ったよ〜
って人、多いのではないでしょうか?

夏の日差しが厳しい舞浜。

今日は東京ディズニーランドの
熱中症対策についてまとめてみましたよ。

<重ねて読みたい記事>

>>東京ディズニーリゾートの日焼け対策はこれで万全!

スポンサードリンク



     

東京ディズニーランドの熱中症対策

ディズニーランドでは夏になると
恒例のディズニー夏祭りが開催されます。

ディズニーの仲間たちと一緒に濡れて踊って盛り上がる
熱い夏祭りで人気のイベントですが、
舞浜の夏って暑いんですよね・・・・・・。

まあ夏はどこでも熱いんですが、
ディズニーランドの場合、人は多いし、
アトラクションを楽しみたいなら長時間並ばないと
どうにもならないし、
おまけに空と地面の両方からジリジリと照らさせるので
余計暑さを感じてしまいます。

自動販売機がテーマに合わないということで
まだパーク内になかった時など、
喉が乾いたとか、熱中症予防の為とかに水が欲しくても
すぐに買うことが出来ず、炎天下の中水に長時間並ぶ、
ってことがザラにありました。

パークで買えるだろうと考えて飲み物を
持ち込んでいない人も多く、
大人も大変ですが、子どもだともっと大変な
舞浜の夏です。

注:ディズニーランドではペットボトルの持ち込みは
禁止とは明記されていません。

持ち込んでも特にキャストさんに
注意されることはないようですが、
常識の範囲内での持ち込みをお願いしますね。

スポンサードリンク



【ディズニーランドの熱中症対策はこれだ!】

①とにかく無理をしない

せっかくディズニーに来たんだから、
少しでも多くのアトラクションに乗りたい!
という気持ちは分かりますが、
夏のディズニーに無理は禁物!

とにかく暑いので、無理をせずに休憩を取ったり、
涼んだりする余裕が大事です。

②水分補給を欠かさない

パーク内では飲み物を買うのも行列です。

自動販売機も少ないながらありますが、
みんな考えることは同じで長蛇の列。

待ってたのに自分の前で売り切れ・・・
とかなると泣くに泣けません。

少なくとも500mlのペットボトルは緊急用に
持って入るようにしたほうが安心かもしれません。

その際、凍らせていくと便利。

スポーツドリンクとかだとなお効果的です。

③体を冷やすグッズの使用

最近は体を冷やすグッズなども売っています。

●冷却スプレー

●うちわ・扇子

●ミニファン

●冷えるタオル(↓↓↓こんなものですね)

などを上手に使って、体感温度をひんやりさせるのがいいですね。

④帽子やUVカット用品を使う

日差しやアスファルトの照り返しで
かなり暑いディズニーランドなので、
ノースリーブなどは着ない。焼けちゃいます。

UVカットの帽子や洋服、ストールなどを使い、
なるべく皮膚を覆うようにしましょう。

特に子どもは大人より背が低いので
大人よりアスファルトの熱を吸収してしまいます。

⑤塩飴を舐める

塩飴っておばあちゃんとかが持っているイメージですが、
最近、かなり見直されていますよね?

失われるのは水分だけではないので、
水分と一緒に塩飴も取ると効果的です。

パーク内でも売っていますが、
持ち込んでもOKなので、持ってきてもいいですね。

熱中症の症状ってどんな?

ディズニーランドではパレード時や
アトラクションに入る時などに必ず並びますよね?

暑くても外で長期間並ぶことになるため、
具合が悪くなる人も多いのですが、
長く並んできたのに抜けるのは嫌と我慢してしまい、
結果、倒れてしまう、といったことも。

気分は十分わかります・・・。

できれば具合が悪くなる前に休んだり、
体調を整えたりした方が良いのですが、
熱中症の症状ってどんなものなのでしょうか?

  • めまい
  • 顔のほてり
  • 筋肉痛
  • 筋肉のけいれん
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 吐き気・嘔吐
  • 汗が止まらない
  • 反対に汗が全く出ない
  • 熱がある
  • ふらつく・真っすぐ歩けない
  • ひきつけ
  • 意識障害
  • けいれん

など、症状は軽度から重度まで多岐にわたります。

とにかく重篤にならないように
水分を積極的にとって、ゆったりとした行程を組むこと。

もったいないと思わずに、
何かおかしいと思ったら列から抜けて
休む勇気も必要です。

夏のディズニーは余裕を持って
ゆる〜く楽しむのがBEST!

特に小さなお子さんがいる場合には
休みや水分補給の時間を多く入れ、
疲れないように楽しみたいですね。

まとめ

5月でも10月でも、かなり暑いので、
真夏は半端無く暑いです!

上からと下からとジリジリ責められるので、
かなり体力を消耗します。

水をかけてくれるものもありますが、
水分補給だけは欠かさないように注意して、
熱中症で具合が悪くならないように
楽しみたいものですね。

スポンサードリンク




2016年5月18日 東京ディズニーランドの熱中症対策!熱中症の症状を知って元気に楽しもう! はコメントを受け付けていません。 イベント 健康