地震でエコノミークラス症候群になる!気になる初期症状とその対策とは?

熊本地震の収束が見えません。

熊本地震でエコノミークラス症候群の
疑いがある人が18人にのぼり、
うち3人が重体だと報道されました。

エコノミークラス症候群って飛行機に乗った時の病気でしょ?

実は過去の地震の際にも死者が出たほど、
深刻な病気なんです。

今日は地震でのエコノミークラス症候群について
まとめてみました。

スポンサードリンク



     

地震でエコノミークラス症候群になる!

熊本地震の懸命な救助が続いています。

そんな中頻繁に襲う余震。

建物の中で寝るのが恐ろしいからと、
車の中で寝ている避難生活の方も多いと聞きます。

実はそんな車中泊をしている人の間で
エコノミークラス症候群の疑いがあると診断された人が
少なくとも18人にものぼり、
そのうち3人が重体だと報道されました。

エコノミークラス症候群って聞いたことはあるけれど、
それって飛行機に長く乗ってることで
血栓ができる病気でしょ?

いえいえ実は、過去の地震でも死者が出たほど、
地震ではエコノミークラス症候群のリスクが高い
のです。

平成16年に起こった新潟県中越地震では4名が亡くなり、
東日本大震災では避難者の6.3%〜15.5%に
血栓ができていることが確認されているとか。

特に、

  • 車中泊をしている
  • 中高年(40才以上)
  • 肥満傾向
  • 血中のコレステロール値が高い
  • 積極的に動けない
    (怪我をしている・高齢で足が不自由)

などの人はリスクが高いと言われているので
エコノミークラス症候群にならないように
予防することが大切です。

エコノミークラス症候群の初期症状は?

エコノミークラス症候群というのは、
ずっと同じ姿勢を取り続けたり、
狭い場所に動かずにいたりすることで
血行が悪くなり、血液が固まってしまい、
その固まった血液(血栓)がふとした拍子に
肺などにつまり、呼吸困難などを引き起こす病気です。

エコノミークラス症候群と呼ばれだしたのはごく最近のことで、
もともとの病名は『肺血栓塞栓症』といい、
昔からあった病気です。

細い血管が詰まっただけなら
そこまで大きな症状を起こさないケースもありますが、
太い血管などをつまらせてしまうと、
呼吸困難や最悪の場合、心停止の可能性もある
とても恐ろしい病気なのです。

エコノミークラス症候群の原因は、

  • 運動不足
  • 水分不足(脱水・乾燥)

と言われていますが、
地震などでは避難所に避難していたり、
今回のように余震の被害を恐れて
車中泊をしている人も多く、
また、水も十分に足りているとは言えないので、
エコノミークラス症候群になるリスクは
かなり高いと言えるでしょう。

気になるエコノミークラス症候群の初期症状ですが、

  • 足のむくみ
  • 足の痛み
  • 足のしびれ

など、そこまで重篤な症状である感じがしませんよね。

この時期に気がついた場合には、
すみやかに届け出て、何らかの対処をしてもらって下さい。

重症になると、

  • 胸の痛み
  • 血圧の低下
  • 呼吸困難
  • 意識障害

など、恐ろしい事態を引き起こしますので、
おれ?おかしいなと思ったらすぐに対処を。

そしてエコノミークラス症候群にならないように、
気をつけて対処することが大事です。

また、すぐに症状が出ず、
数日、または1~2週間経ってから症状が現れる場合もある
ので
注意が必要です。

スポンサードリンク



エコノミークラス症候群の対策は?

エコノミークラス症候群は、
同じ姿勢を取り続けたり(運動不足)

水分不足(脱水・乾燥)

が主な原因。

なので、基本はそれらを解消することで
エコノミークラス症候群になるリスクを
大幅に減らすことができます。

①軽い運動をする

エコノミークラス症候群は
ふくらはぎの静脈に血栓ができやすいので、
足をこまめに動かし、血流を良くすることが
予防の基本。

足を上下に動かしたり、

屈伸運動をしたり、

足をマッサージしたり、

することが良いとされています。

大体2時間に1回ほどのペースで
行って欲しいというので、かなりのペースですが、
少し遠くのトイレに行ってみるとか、
少し周辺を歩いてみるとか、
ちょっとした運動を生活に取り入れるのがBESTです。

体の自由がきかない高齢の方の場合は、
家族が足を動かしてあげたり、
マッサージしてあげたりしてあげて下さいね。

②水分補給をする

普段の物資が有り余っている時なら良いのですが・・・。

地震の時は物資、特に水が不足することが多く、
思う存分、水分を取るということは難しいかもしれません。

ですが水分不足が原因でエコノミークラス症候群に
なる事が多いため、やはりこまめにしっかりと
水分補給をするようにしましょう。

おばあちゃんなどは水分を取ると
トイレが近くなって人に迷惑を掛けるから、といって
なかなか水分を取りたがらない人もいます。

エコノミークラス症候群予防のために
しっかりと水分補給をさせて上げて下さいね。

なお、避難所では大丈夫かもと思いますが、
コーヒーやアルコール類は、
利尿作用があり脱水症状を引き起こすので
なるべく避けて下さいね。

③体を締め付ける洋服を着ない

体を締め付けるような洋服は着ず、
ゆったりとした体に負担のない洋服を着ることも
エコノミークラス症候群予防になります。

まとめ

避難所生活だと普段に比べ、栄養状態も良くないですし、
様々なストレスもかかります。

水分不足で血がどろどろになったり、
体力が落ちていたり、
地震のショックで気力がなくなっていたりと
心も体もダメージを受けている状態でしょうが、
エコノミークラス症候群にならないために
積極的に体を動かし、ならないように
しっかりと予防することが大事です。

スポンサードリンク




2016年4月19日 地震でエコノミークラス症候群になる!気になる初期症状とその対策とは? はコメントを受け付けていません。 健康 災害