高所平気症の子供が増えている!?高所平気症対策は?

最近多い、高層マンションからの幼児転落事故。

運良く助かった子もいますが、
残念な結果になることも珍しく無いですよね。

何故、高層階からの転落死事故が起きるのでしょうか?

それは知らず知らずのうちに
「高いところが平気」な子どもたちが
増えているから。

今日はそんな「高所平気症」について
まとめてみました。

スポンサードリンク



     

高所平気症の子供が増えているって本当?

最近、高層マンションから落ちて
子どもが亡くなるという事故が増えています。

親御さんも十分に気をつけているはずなのに何故?
と思いますが、その原因は、高いところが怖くない、
むしろ全く平気な子どもが増えているから。

小さい頃からマンションの高層階など高い場所に住み、
高い場所からの眺めがごくごく普通の状態で
育ってきた子どもたちの中には、
その高さに恐怖心を抱かないという子どもも
非常に増えていると言います。

「興味のあるものがベランダの外にあれば、
どんな恐ろしい行動でも取れるのが子供の特性だ」
と専門家が注意を促す程、子どもは好奇心が旺盛。

そんな子どもが高所を全く恐怖に感じない、
のだとしたら・・・

考えただけで恐ろしいです。

私だけではないと思いますが、
普通の人の感覚では、高いところから下を見ると
お尻がムズムズするようなゾワゾワした恐ろしさを
感じますよね?

崖っぷちや高い塔の上、下がガラスになっている床など、
足がすくんでしまいますが、
それが全く平気な子どもが増えている、
というのです。

子供が高い場所が危険かどうかを判断する感覚は、
4歳ごろまでに大人の約8割ほどのレベルまで発達する
と言われていますが、
その感覚を養う大事な時期を高層階で過ごすことで、
高所が平気な「高所平気症」の子どもたちが
増えているのです。

子どもたちは、自分の目の高さを基準にして、
地面との距離を把握する事で高さを判断していると言います。

マンションの高層階で日々暮らす子どもは、
地面とは遠く、高さが判断しにくい為、
ベランダから身を乗り出しても
落ちてしまう、怪我をすると言った危険性を
つなげて想像することができず、
興味や好奇心に負けて、
大人が思いもかけないような
突飛な行動をとってしまうのです。

スポンサードリンク



高所平気症対策は?

ベランダに設置してあった室外機に乗って、
置いてあったイスに乗って、
など、子どもはちょっとしたものを
足がかりにして高いところに登ったり、
ベランダの手すりを乗り越えてしまったりなど、
大人が考えもしない行動を取ってしまうことが多いです。 

4才〜6才程度の子どもでも行動範囲は思ったより広く、
70cm位の高さには足をかけて登れますし、
60cm程の距離であれば、飛び移ることも可能。

子どもは頭が大きく重いため、
少し下を覗き込んだだけでも、
落下してしまう可能性が高いです。

運動能力が高く、好奇心も旺盛。

おまけに高所平気症の子どもが
危険な目にあわないようにするためには
一体どうすれば良いのでしょうか?

積極的に外遊びをさせる

高所平気症を予防したり、改善したりするには、
積極的に外遊びをさせることが有効。

高所平気症に外遊び?と思われがちですが、
ブランコやジャングルジムなど、
少し高さがあって、登ると高いな怖いな、
と思うような遊具で遊ばせることで、
高所感覚を学ばせるのが良いのです。

危ないから、といって外遊びをさせない、
というのではなく、
多少の怪我はするかもしれないけど、
高さ感覚を正しくするために
積極的に外で遊ばせよう!位の感覚でいるといいかも?

ベランダに出られないような対策

高所平気症を予防・改善するのには
外遊びが有効です。

それ以外の改善法は見つからならなかったので、
ベランダから落下しないような対策も
同時に施すようにするといいですね。

一番良いのが、ベランダに一人で入れないようにすること。

鍵を2重にしたり、子どもの手が届かない高いところに
あえて設置するとかするといいですね。

最近では、部屋からベランダの敷居をなくし、
ベランダもお部屋の一部みたいにしている
おしゃれなお家も増えていますが、
そういった場合、子どももリラックスして
ベランダをますます怖がらないようになる
傾向があるようです。

なので、大人がいない時にはベランでに出ない、
出さないということも大事です。

ベランダにものを置かない

ベランダにステップとなるようなものを
一切置かないのは基本ですが、
幼児でも高さ70cm、幅60cmは
簡単に突破できるので、十分に気をつけましょう。

室外機も、ベランダから60cm以上離したところに置く、
子どもが登れない90cm程度の柵を設ける、
などの対策をしましょう。

子どもを一人で置いておかない

実は、子どもを一人置いていた、
お留守番させていた、その隙にお母さんを探して
ベランダから落下した、という痛ましいケースも。

絶えず一緒にいる、ということは
難しいことかもしれませんが、
なるべく子どもを一人にしないということも
大事です。

子どもの高所平気症を克服できるのは、
4歳までの感覚が限度
だと言われています。

なのでできるだけ早く、対策を取ることが
大事ですね。

高層マンションに住んでいるなら、
子どもが高所平気症になるかもしれない!
と警戒しておき、小さい頃から積極的に外遊びをさせ、
早い段階から正しい高さの感覚を身につけさせたいですね。

まとめ

高所平気症の子どもが増えているのは、
昨今の日本の住宅事情を考えたら
しかたがないことかもしれないですね。

高さの正しい感覚がないと、
一見何でもできて便利そうですが、
怖さを知らないので危険ですよね?

しっかりとした高さ感覚を身につけて
安全に暮らして行きたいです。

スポンサードリンク




2016年4月17日 高所平気症の子供が増えている!?高所平気症対策は? はコメントを受け付けていません。 子供 悩み