くせ毛 梅雨の時広がる人のくせ毛対策。縮毛矯正はした方がいいの?

梅雨時の湿気でくせ毛の私は毎日憂鬱。

晴れに日はまあいいんだけれど、
雨の日になるとはねとうねりがすごくて、
「パーマしたの?」って聞かれる位、
まとまりもなく、バッサバサ。

梅雨時のクセ毛対策って、一体どうすればいいの?

今日は梅雨時のくせ毛に悩んでいる人が
どのような対策をしているのか?
まとめてみました。

スポンサードリンク



     

くせ毛 梅雨に広がるのが困る

くせっ毛って梅雨時は広がったり、
うねったりしてまとまらず、大変ですよね?

いつもはうまくごまかして、
緩やかな自然なカールを装っている私も
梅雨時にはうねってはねて大変!

おまけに30歳を超えたら、
分け目部分も少し髪の毛が薄くなってきて、
下の方はうねってはねて大変なのに、
分け目はペタンと寂しい状態になっています・・・。

天気がいい時はいいのだけど、
やっぱり梅雨時は湿気で、髪の毛がうまくまとまらない、
と悩んでいるくせっ毛さん、多いようです。

髪が広がりやすくなる原因は、
やはり梅雨の湿気の多さ。

特にクセ毛の人は、髪の毛が湿気を吸い込むことで
ますますうねりやはねが強くなってしまい、
髪の毛が広がってしまうことに。

また、髪の毛のダメージもうねりや広がりの原因に。

髪が傷んでキューティクルが剥がれている部分から
湿気(水分)が侵入することで、
その部分にだけ水分がたまることで、
膨張して、広がって見えてしまうのです。

梅雨時のくせ毛 対策は

梅雨時の湿気でまとまらない髪の場合、
もう面倒くさいからひとつに束ねちゃう!
って人が多いですね。

でも毎日同じじゃつまんないし、
もったいないって人が多いのも事実。

そんな場合、どうすれば広がりや
うねりを感じさせずに、
かわいい髪型に仕上げられるのでしょうか?

一番良いのは、くせ毛が自然に見えるような
髪型を前もって作ってもらっていること。

髪の毛のクセを見きって、動きのある
かわいらしいゆるふわ感に仕上げる技術のある
美容師さんを見つけて頼むのがいいですね。

またカットしてもらう日も、
一番悪い状態、湿気のある日で髪の毛が広がっていたり、
うねっていたりしてどうしようもない時などに
ワザと行って、その状態を見てもらった上で
対処してもらうと、良いアドバイスが貰えると思います。

その他の対策としては・・・

①髪は根本をしっかり乾かす
根元の部分をしっかり乾かすことが、
うねりや跳ねを防ぐポイント!

なるべく髪の毛をかきあげて、
根元部分をしっかりと乾かすようにしましょう

②乾かした後に椿油
軽く水気を切った後に、椿油をつけると
パサツキや広がりも抑えられます。

椿油にはドライヤーの熱や紫外線から
髪の毛を守る効果があります。

③ブローは冷風で
熱風で乾かすと時間は早く乾きますが、
髪の毛のダメージは結構大きいです。

なので時間はかかりますが、冷風で
いつもより時間をかけてじっくりと乾かしましょう。

④ヘアスプレーはセミハードタイプを使う
セミハードタイプのヘアスプレーで
コーティングすると、湿気が髪に吸収されるのを
抑え、スタイルをキープしてくれます。

スポンサードリンク



梅雨時のくせ毛は縮毛矯正した方がいい?

くせっ毛の人はやはり髪型を美しくキープするのが
大変!ということで、悩んでいる人が多いです。

そんな人達におすすめしたいのが
縮毛矯正(リペア)です。

縮毛矯正をした友だちがいたけど、
「クレオパトラか!」と突っ込みたくなるほど
不自然なストレートで正直、
お世辞にもいいねとは言えなかったし、
くせ毛がひどい人だと、
雨の日には縮毛矯正をする前と同じように
髪の毛がうねるとも聞きます。

調べてみたところ、今の縮毛矯正は
かなりいい感じに仕上げることができ、
頻繁にかけ直さなくても
長時間ストレートを持続してくれるんだとか。

もちろん、縮毛矯正をするサロンの腕も左右すると思いますが、
口コミなどで腕の良いところを探して
思い切って縮毛矯正してみるのも良いかもしれません^^

なお、開きはあるようですが、
値段は12,000円~25,000円くらいが
一般的なようです。

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

まとめ

湿気が多い日にはジメジメしてただでさえ憂鬱。

くせっ毛が個性になるような、
かわいい髪型ができる素敵な美容師さんが見つかり、
あなたの望む髪型になれればいいですね。

スポンサードリンク




2016年3月24日 くせ毛 梅雨の時広がる人のくせ毛対策。縮毛矯正はした方がいいの? はコメントを受け付けていません。 悩み