スマホ老眼とは?スマホ老眼と老眼の違いと対策!

最近、子どもにも増えてきていると言われている
スマホ老眼

老眼って早くても40代以降でしょう?

いえいえ、あらゆる年代で今増えているんです。

たかがスマホ老眼と侮れない、
恐ろしい症状を引き起こすと言われている
スマホ老眼についてまとめてみました。

スポンサードリンク



     

スマホ老眼とは?

スマホやタブレットってとても便利ですよね?

私もiphoneやiPad miniを使っていますが、
雑誌を読んだり、ゲームをしたり、
子と検索をしたり、LINEをしたりと
結構使いまくっています^^

でも今、まだ若いのに老眼のような症状に
悩まされている人が増えています。

本来なら老眼とは程遠いはずの
高校生などの子どもも、老眼のような症状に
悩まされている子が多いのです。

そういった症状を『スマホ老眼』と言い、
社会現象となっています。

スマホ老眼とかなりショッキングな言葉ですが、
スマホ老眼というのは、スマホやタブレットの画面を
長時間見続けることで、ピント調節機能が
おかしくなる状態のこと
で、
スマホから発せられている「ブルーライト」の
影響なのではないか?と言われています。

スマホの画面の光からブルーの光は感じられませんが、
暗い部屋などで発せられるスマホの光って
かなり強くて、目がチカチカしますよね?

ブルーライトの光はかなり強く、
その光は角膜や水晶体で吸収されず、
直接網膜まで達します。

脳はブルーラートを感知すると
「脳が日中だ」と判断してしまうため、
寝る前のスマホは睡眠障害を引き起こしたり、
目の疲れや痛み、かすみ目などを引き起こしてしまうのです。

スマホ老眼の症状は、疲れ目や目のかすみだけではありません。

スマホが原因とは気が付かないような症状まで引き起こしてしまい、
治療しないままだと症状がどんどん悪化してしまうのが
スマホ老眼の恐ろしい点なのです。

 

スマホ老眼の症状

  • 目の疲れ
  • 目の痛み
  • かすみ目
  • ドライアイ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 全身の倦怠感
  • 睡眠障害
  • 慢性疲労
  • うつなどの精神疾患

スマホの使いすぎでうつになる?

にわかには信じられない話ですが、
それはスマホを触っている姿勢から起こります。

それを『ストレートネック』と言い、
正常な首は30〜40度に自然と曲がっているのですが、
ストレートネックの人は30度以下の曲がりしかなく、
そのせいで慢性的な肩こりや頭痛を引き起こすのです。

ひどくなると手のしびれやめまい、
吐き気などの症状が現れたり、
不眠症や自律神経失調症などをも
引き起こすと言われています。

たかがスマホですが、依存し過ぎると
恐ろしい症状が起こる可能性があるのです。

スポンサードリンク



スマホ老眼と老眼の違いとは?

スマホ老眼と老眼の決定的な違いは、
『治る』か『治らない』かです。

老眼は加齢によりピント調節機能自体が
上手く働かなくなる状態ですが、
スマホ老眼の場合は、小さなスマホ画面を
見続けた事による疲労から一時的にピント調節機能が
うまく働いていないだけなので、
スマホを見ることをやめれば、自然と回復します。

まあスマホを止めることができれば、ですが^^

また老眼の場合は、老眼鏡などでケアできますが、
スマホ老眼の場合、メガネをかけたり、
コンタクトの度数をあげてしまうと、
一時的には改善されたように見えますが、
実はますますピントが合わなくなってしまいます。

一部ではスマホ老眼用に開発された
メガネを取り扱っているところはありますが、
まだまだ一般的ではありませんね。

ブルーライトをカットするPCメガネは
どこのメガネ屋さんでも扱っていますが。

また老眼はある程度まで進むと
そこまで症状は進行しませんが、
スマホ老眼の場合は、放置しているとどんどん進行し、
目のピント調節機能の異常だけではなく、
肩こり・頭痛、全身の倦怠感からうつなどの
精神疾患へと進む可能性があります。

難しいことですが、スマホ依存を少しでも解消して
目を休めたいものですね。

スマホ老眼の対策!

スマホ老眼の場合、適切な対処法をとれば
症状は改善するといいました。

ではスマホ老眼が進まないために
これからどのようなことに心がけれな良いのでしょうか?

最も効果が大きいのは、
スマホを最低3日間は絶対に見ない、触らないことだと言います。

でもそれって100%近く、無理ですよね?

お友達かLINEは来るでしょうし、
今、大事な要件はLINEでやり取りしている、
って人も多いので。

そんな場合でも是非試して欲しいのが、
今までのスマホ生活を考えなおして、
改められることは改めるということ。

例えば、寝る前のスマホを一切止めてみる

仕事に行くまでの電車ではスマホを見ない

などなど、つい時間があるから見ていた、
「ながらスマホ」を少し改めるだけでも
格段に違ってきます。

また、ブルーライト対策をするのもBEST。

ブルーライトカットレンズの入ったメガネを使う、
スマホ画面にもブルーライトをカットするフィルムを貼る、
だけでも違ってきます。

また目に良いと言われるアントシアニンなどを使った
サプリメントも販売されているので、
それらを飲んでもいいかもしれません。

とにかくスマホに依存し過ぎない、
使い過ぎないこと!

今は若くても年をとった時にしまった、
と思うことがないように、
回復力が高い若いうちに改善しておきましょう!

ファンケルのえんきん

まとめ

スマホのブルーライトで、目のかすみだけではなく、
頭痛や肩こり、挙げ句の果てにはうつにまでなる
可能性があるとは知りませんでした。

スマホはとても便利で、今となってはもう手放せませんが、
目が悪くなってしまっては本末転倒です。

若いうちからしっかり対処したいものです。

スポンサードリンク