pm2.5 赤ちゃんへの影響は?お散歩はしていいの?洗濯物はどうしてる?

今年も中国からの汚染物質・PM2.5が
早くも飛び始めています。

小さな赤ちゃんがいるからとても心配。

PM2.5の影響を気にしているパパママも
多いのではないでしょうか?

今日は赤ちゃんのPM2.5対策について
まとめてみました。

かわいい赤ちゃんのために
是非参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク



     

pm2.5が赤ちゃんに与える影響は?

毎日花粉やPM2.5の汚染状態がひどいですね?

せっかく寒い冬から暖かい春になるというのに、
外は気になるPM2.5。

赤ちゃんと一緒にお散歩したり、
ふとんや色々な洋服とかをパ〜っと干したいのに、
PM2.5が赤ちゃんに与える影響を考えたら
不安で出られない・・・。

そんな不安感、良くわかります。

今のところ、日本でのPM2.5の値は
中国ほどひどくはありませんが、
やはり日によって多かったり、少し多かったりと
日々変動しています。

スマホなどで自分の住んでいる地域の
PM2.5や花粉情報を調べるアプリもあるので
調べているママも多いのでは?

Pm2.5は老人や乳幼児、
また呼吸器に慢性的な疾患がある人(喘息など)に
与える影響が大きいと言われています。

赤ちゃんは抵抗力がまだまだ弱いので、
特に注意が必要と言われていますよね?

気になったので小児科のお医者さんに聞いてみたのですが、
日本は中国ほど汚染は進んでいないし、
赤ちゃんがず〜と外で生活することはまずないので、
そこまで神経質に心配することはないという答えでした。

とはいえやはりPM2.5を警戒し、
家の中に入れないような対策は
赤ちゃんなので十分に取る必要はあるとのこと。

必要以上に神経質になったり、
イライラしたりすることなく、
赤ちゃんだけではなくみんながPM2.5の
悪い影響を受けないで済むような対策を
講じたいものですね。

スポンサードリンク



pm2.5 赤ちゃんのお散歩はどうする?

PM2.5の国の環境基準値は、
1日平均35マイクログラム。

それが70マイクログラムを超えると
不要な外出を控えるように注意勧告が出る
基準値となっています。

もちろん、そんな汚染度の高い日には
赤ちゃんは外出しないほうがいいです!

今日などはやや多いと言われる福岡市で
最高値43マイクログラムだそうです。
(少ない東京は34マイクログラム)

なので赤ちゃんの場合は、
基準値である35マイクログラムになったら
お出かけは控えたほうがいいですね。

春先は暖かくてお散歩するには
もってこりの季節なのですが、
黄砂や花粉、PM2.5などの飛散が増える
時期でもあるので、
残念ですが、数値が高い日は外出はせず、
お家の中で遊ばせるようにしましょう。

対策にはマスクが一番だと言いますが、
赤ちゃんがおとなしくマスクをしてくれるはずがないので、
必要以上に外出はしない、
家に入れないようにする、
を徹底して下さいね。



pm2.5 赤ちゃんの洗濯物はどうしてる?

赤ちゃんの洗濯物を外に干してもいいの?

PM2.5は洗濯物や布団にも付着します。

なので、数値が高い日は外には干さず、
家の中に干すのが鉄則!

室内で除湿機や空気清浄機をかけて
乾かすと良いでしょう。

除湿機をかけて乾かすと、
部屋干しの変な匂いも発生しにくいですし、
部屋の中でもカラッとよく乾きますよ。

何の対策もしていないと、
部屋の中のPM2.5の数値は
外と変わらないというくらい、
粒子の細かいPM2.5は家の中に入り込みます。

とにかく、

  • 部屋の中にPM2.5を入れない
  • 数値が高い日には極力外出はしない
  • 布団・洋服は室内で干す
  • 空気清浄機をかけておく
  • 掃除をまめに行う(拭き掃除も含め)

など、PM2.5対策によいと言われていることは
全て行うように注意して下さいね。

まとめ

今すぐ体に影響があるというレベルではないですが
吸い込まずにすんだ方が良いPM2.5。

赤ちゃんは抵抗力が弱いので
特に注意してあげて下さいね。

スポンサードリンク




2016年3月14日 pm2.5 赤ちゃんへの影響は?お散歩はしていいの?洗濯物はどうしてる? はコメントを受け付けていません。 健康 子供