友チョコのお返し 幼稚園の場合。相場はいくら?手作りで安くかわいく!

もうすぐホワイトデーですね。

最近では保育園や幼稚園でも
友チョコなどをあげる女の子が
多くなってきています。

友チョコって初めてもらうけど、
お返しってどうすればいいの?

今日は幼稚園児の友チョコの
お返し事情についてまとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

友チョコのお返し 幼稚園の場合は?

友チョコ。

最近では保育園や幼稚園でも
積極的にしている子が多いみたいですね。

もちろん、自分で作れるわけがないので、
お母さんが手作りしてあげる、って言うことなんですが、
かわいくラッピングしたり、お手紙が付いていたり、
とかなりアットホームな感じ。

幼稚園などではチョコの持ち込みを
禁止しているところも多いみたいですが、
お迎えの時にお母さんに持ってきてもらってあげる、
というのも多いです。

面倒くさいなとちょっぴり思いながらも
友情を深める』という意味がある友チョコなので
無下にも出来ないですしね。

友チョコはまとめて手作りするというケースが多いので、
値段的にはそんなに高くはないケースがほとんど。

複数分作るので結果、高くはなりますが。

でも友チョコって、
ホワイトデーにお返しはしないといけないの?

ルールはそれぞれですが、
友チョコをあげて友チョコが帰った来た場合には
お返しはしなくていい。

友チョコをあげていないのに
友チョコをもらった場合には
お返しが必要、

という暗黙のルールが決まっている
場合が多いです。

友チョコというのは、お友達との仲良しのしるし、
みたいな位置づけなので、
できればもらいっぱなしではなく、
ちょっとしたお返しをした方がいいですね。

親から見ると「面倒くさく」て「大変」ですが、
子供には子供の世界があるので、
その友情を壊さないように、
安くてもいいのでお返しをした方が賢明でしょう。

友チョコのお返し 相場はいくら位なの?

ホワイトデーのお返しは2倍だと言いますが、
友チョコの場合はそこまで高くなくてOK。

もらったものと同じような感じのものを
お返しすれば大丈夫です。

基本、子供同士のチョコ交換なので、
そこまで神経質にならなくても、
市販のクッキーやチロルチョコなどをラッピングしたり、
手作りクッキーや、チョコを溶かして固めたものを
たくさん作ってラッピングしたり、
位でOKです^^

また子供同士のことなのでと、
お礼も言わないお母さんもいますし、
子供がチョコを交換することすら嫌なお母さんもいます。

そんなお母さんもいるんだ、程度にとどめ、
あまり気をもまないようにしましょうね。

スポンサードリンク



友チョコのお返しは手作りで安くかわいく!

最近の友チョコは、クラス全員にあげたり、
お習い事の子みんなにあげたり、
と数が多かったりします。

なかにはホワイトデーのお返しを
期待して、というちょっと悪質?な子もいます。

たくさんの子からもらうと想定していなくて、
準備してなかったという場合も多く、
ホワイトデーに慌ててというケースもあります。

市販のものを返してもいいのですが、
数が多いとそうもいきませんよね?

そんな場合は手作りが一番。

ただチョコを溶かして、ちょっと飾り付けをして
100均のラッピングをしただけで
手作り感満載のかわいいお返しになります。

クッキーなどは結構簡単に、たくさん作れるので
おすすめですよ。

まとめ

友チョコなんて面倒くさいと考えるお母さんが多いですが、
友チョコをもらえるということは、
お子さんの友人関係は良好だという喜ばしいこと。

まだ小さいのでお母さんがお手伝いしてあげて、
お子さんのお友達関係を良くしてあげて下さいね。

スポンサードリンク




2016年3月3日 友チョコのお返し 幼稚園の場合。相場はいくら?手作りで安くかわいく! はコメントを受け付けていません。 イベント 子供