手湿疹ってうつるの?アトピーとの違いは何?効果的なかゆみ対策はこれ!

冬になると手荒れがひどくなるって人、多いですよね?

最近では「手湿疹」という名前が浸透し、
色々なケアをする人が増えていますが、
それでも痒さや痛みに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

今日は手湿疹についてまとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

手湿疹ってうつるの?

手湿疹とは、手にできる湿疹のことで、
手荒れはもちろんですが、
5mm位の小さな水疱ができて破れ、
痛みや痒みを伴う、とてもつらい病気です。

女性にとって手指の美しさってものすごく気になりますよね?

指先が荒れていたり、カサカサしていると
人前に出ることさえ億劫になりがちです。

ただの手荒れだけでもすごく辛いのに、
かゆい小さな水泡がいくつも出来て、
それが破れると今度は痛くなってきてと、
手湿疹はかなり悲惨です・・・。

手湿疹は別名『主婦湿疹』とも呼ばれています。

つまり日々の炊事や洗濯などで手指を酷使している
主婦の人がなりやすいから。

時々、あかぎれがひどくなったみたいに赤く痛そうな手をした
女性を見かけることがありますが、本当に大変そうです。

実はそういう私もひどい手湿疹に悩んでいたことがあります。

私の場合、最初は指の数本だけだったものが、
だんだん広がっていき、そのうち5本の指全てに
手湿疹の症状が出ました。

数ミリの水泡がいくつも出来て猛烈に痒くなり、
破れたら今度はぱっくり割れで痛い。

もう本当にかゆい時には、金たわしでワシワシと
掻いてしまったこともありましたからね。

後で後悔しましたが、それくらいものすごく痒かったんです。

私はもともとアトピー体質なので、
定期的な通院の時に皮膚科医に見てもらったところ、
すぐにステロイドの軟膏が出されました。

ステロイドの軟膏を塗れば良くはなるんです、
一時的には。

でも根本的な解決にはなっていないようでした。

ひどい時、私は薬を塗った上からガーゼで止めていました。

周りから見れば『なにそれ?火傷か何かしたの?』状態。

実際に出先ではジロジロ見られましたし、
仲の良い人たちからは随分と聞かれましたね。

・・・・と私の話が長くなってしまいましたが・・・・・

この手湿疹、私の場合もそうだったんですが、
最初は指の本の数本から症状がはじまったものの、
だんだんとひどくなっていきました。

なので、「とびひ」のように、水泡が敗れた時に
まわりにうつってしまうのかな?と思っていました。

でも実は手湿疹はうつりません!

では何故広がるのか?というと、
それは症状が悪化してしまっているから。

なので手湿疹かな?と思ったら早めの治療と
日常ケアをはじめましょう。

手湿疹とアトピーの違いって何?

手湿疹の原因は、

  • 手の著しい乾燥
  • 手に刺激を与える物質の浸透

と言われています。

手指が乾燥すると、本来守るべき皮脂やセラミドが不足し、
その結果、界面活性剤などの刺激物質がダイレクトに
体に入ってきてしまいます。

その結果、激しい痒みや痛みを伴う
手湿疹に悩まされることになるのです。

でも、実は手湿疹ととても似た、アトピー性の湿疹もあるんです。

多分、私の手湿疹の原因はアトピーのせい。

皮膚科の先生曰く、アトピーの人は原因は不明ながら
ひどい手指の湿疹・水泡に悩んでいる人が多いそうです。

とは言っても先生にも手湿疹なのか?
アトピーのせいなのか?というのは明確には判断できず、
アトピー体質の人の場合、「アトピーだからね」で
済まされてしまうことが多いとか。

まあどちらも治療法はステロイド系の軟膏を塗ること位なので、
先生にとっては手湿疹だろうが、アトピーだろうが、
そんなことは重要ではないのかもしれません。

手湿疹はシャンプーや洗剤などの外的な刺激と、乾燥が原因。

アトピー性の手湿疹の原因は、アトピーが原因でまだよくわかっていない。

こういう違いがあるくらいです。

でも、どちらもステロイド系の軟膏を塗って改善に導き、
あとは日常のケアで少しでも良い状態に持っていくこと、
が重要という点では同じかもしれませんね。

スポンサードリンク



手湿疹のかゆみ 対策

手湿疹の治療といえば、ステロイド系軟膏。

ステロイド軟膏は効果があるのですが、
塗り続けなければ根本的に完治しませんし、
体に害があるので、そんなに長期間使い続けたくない!
って人も多いと思います。

ステロイドの飲み薬はもっと
体に悪い影響を与えると言いますしね。

手湿疹を改善させるには、
水仕事を一切しないこと!とか言いますが、
水仕事を一切しないということは、主婦以外の人でも無理ですよね?

とにかく、一番ひどい状況はステロイド軟膏で直してもらい、
その後は日々のケアを徹底し、状態に持って行き、
できれば完治させちゃう!という方法がいいですね。

考えられる手湿疹の対策としては・・・

とにかく乾燥から守る

乾燥するということは、体を乾燥から守っている皮脂や角質が壊れ、
刺激に対して弱くなっている状態。

体の水分はどんどん抜けているのに、
体に街のある物質は入って来られる状態なので、
まずは外部刺激がやすやすと侵入できないように
保湿してあげる必要があります。

寝る前などにワセリンを手指にしっかり塗りこみ、
手袋をして寝るといいですね。

刺激のない物質が使われているものに替える。

台所用洗剤やシャンプーなどには、
体にあまり良くない物質を使っているものもあります。

かぶれたり、まけたりしない人なら問題はないのですが、
自分では全く意識していなくてもこういう物質に弱い人
というのはいるので、
もし手湿疹が気になるなら、界面活性剤やパラペンなどが
入っていない、低刺激のものに変えるといいですね。

ゴム手袋を使うかは人による

直接刺激物に触れるのを防ぐ、という意味では
ゴム手袋は素晴らしいのですが、ゴム手袋にもかぶれる人、
実はものすごく多いです。

自分がゴム手袋にかぶれない体質だった場合は、
ゴム手袋をして作業をするのがBESTです。


ちなみに私は、教えてもらったパスタロンM20%で大きく改善しました。

今では年に数回くらいしか手湿疹の症状が出なくなるほどです。

日常的はちょこちょこ塗りし、寝る前にたっぷり塗りました。

個人差はあると思いますが、参考にしてみて下さいね。

まとめ

手指が美しいとそれだけで美しい女性に見えます。

自分の指が美しいタイプではないので、指が美しい人が羨ましいです^^

水仕事を一切しないということは難しいと思うので、
日々のケアを徹底して早く完治したら嬉しいですね。

スポンサードリンク




2016年2月14日 手湿疹ってうつるの?アトピーとの違いは何?効果的なかゆみ対策はこれ! はコメントを受け付けていません。 悩み 美容