若年性更年期障害とは?その原因と治療法をまとめてみた!

最近、若年性更年期障害と呼ばれる症状に
苦しんでいる30代の女性が増えています。

更年期障害は知ってるけど、30代でそれって早くない?

今日は若年性更年期障害とは何なのか?
その原因と治療法をまとめてみました。

スポンサードリンク



     

若年性更年期障害とは?

今、20代・30代女性の間で増えている
『若年性更年期障害』。

更年期障害って閉経後のホルモンバランスが崩れたことで
ほてりや動悸などの不快な症状があらわれるんだと思っていました。

詳しく調べてみると、更年期障害は閉経を挟んだ前後10年ほどで、
早い人で40歳位から、55歳くらいまでに起こりやすいと言われています。

妊娠・出産を迎える20代、30代で更年期障害のような
症状が現れることは珍しいことだと思われがちですが、
現れる症状は更年期障害とほぼ同じ。

  • 顔のほてり
  • 手足の冷え
  • イライラする
  • めまい・耳鳴り
  • 肩こり・腰痛
  • 寝付きが悪い・眠れない
  • 急にほてって汗が出る
  • 動悸
  • 倦怠感・憂鬱感

など、日常生活では不快な症状が、
日によって色々と現れるので、心身ともにとても疲れます。

更年期障害が現れやすい40前後の頃だと、
「もしかしたら更年期?」と疑うかもしれませんが、
まだ20代・30代と若い場合は、更年期とは普通気が付きませんよね?

歳相応の人がなる更年期障害とは違い、
若年性更年期障害になるのには明らかな原因があります。

早めに婦人科を受診し、治療を開始することが
ポイントとなってきます。

若年性更年期障害の原因って何なの?

若年性更年期障害でも更年期障害と同じような
症状が現れることはわかった。

でも若年性更年期障害ってどうしてなるの?

若年性更年期障害の原因は何なの?

更年期障害も若年性更年期障害も
ホルモンバランスが崩れて起こる症状というのは同じ
です。

更年期障害の場合は、閉経を迎えたことで
ホルモンバランスが崩れて症状が現れます。

これは加齢による体のサイクルなので
仕方のない事ですね。

とは言え、治療法があります^^

一方の若年性更年期障害はというと、
精神的なストレスや、無理なダイエットなどが原因で起こります。

若年性更年期障害の原因

  • ストレス
  • 無理なダイエット
  • 睡眠不足
  • 太り過ぎ・痩せすぎ
  • タバコ
  • 激しい運動・トレーニング

これらのことなどが原因となり、卵巣の機能低下が起き、
女性ホルモンの分泌が減少するため、
更年期障害と同じような症状が現れるのです。

スポンサードリンク



若年性更年期障害の症状の治療は?

若年性更年期障害の場合は、ホルモンバランスが崩れた
ちゃんとした原因があるので、ストレスや無理なダイエットなど、
考えられる原因をなくす努力をした上で、
早めに婦人科、もしくは更年期外来を受診するようにしましょう

そのまま放置して、本当に閉経してしまうと、
その後赤ちゃんにも恵まれなくなりますし、
女性ホルモン減少に起因する様々な症状、

  • うつ
  • 高血圧
  • 骨粗しょう症

などに悩まされる可能性もあります。

若年性更年期障害がひどくなると、イライラしたり、
具合が悪くて仕事に穴を開けてしまったり、
などということも起こりかねず、
人間関係も悪くなるかもしれません。

なのでとりあえず病院で診察を受けるようにしましょう。

若年性更年期障害の治療法には、

  • ホルモン治療
  • 漢方薬治療
  • 生活リズムの改善

などがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、
お医者さんと良く相談の上、今後の治療法を
決定する必要があります。

また、プラセンタやマカなどのサプリメントを取ることで
症状が改善する場合もあります。

サプリメントを飲むだけと簡単なので、
最初はプラセンタ・マカなどのサプリメントを飲んでみるのもいいかも?

マカ・プラセンタ


まとめ

まだ20代、30代で閉経するのは早すぎます。

こういう更年期障害というのは歳相応の人がかかっても
周りの人から理解されず悩むと聞きます。

若年性更年期障害の場合はもっと理解されないかもしれません。

早めの受診で早めに完治させて下さいね。

スポンサードリンク




2016年2月8日 若年性更年期障害とは?その原因と治療法をまとめてみた! はコメントを受け付けていません。 悩み