第39回足立の花火開催!足立の花火は車で行けるの?

東京で一番最初に見られる花火大会、足立の花火
今年も開催されます!

大人気で大混雑する足立の花火ですが、今年はいつあるの?

車で行きたいんだけど車で行っても大丈夫?

今日は足立の花火についてまとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

第39回足立の花火開催!

大人気の花火大会第39回足立の花火が今年も開催されます。

約100年の歴史があり、東京で一番早く開催される足立の花火。

1時間に約1万2000発が打ち上がる、
とてもダイナミックな花火大会で、とても見ごたえがあります。

荒川河川敷周辺が会場なので、
土手に座って見たり、対岸からゆったり見たり、
といろいろな人と様々に楽しめる花火大会です。

★★★第39回足立の花火詳細★★★

引用:Youtube nekowebtv2

開催日時:2017年7月22日(土)
※荒天時は中止

開催時間:19:30~20:30

打ち上げ場所:荒川河川敷(西新井橋から千代田線鉄橋間)
※打上場所は千住側

有料席:あり
千住側1人席(シングル)5000円、西新井側3人席(ベンチ)9000円、
4人席(ガーデンチェア)1万6000円
※6月下旬~7月初旬販売開始予定

駐車場:なし

問い合わせ先:03-3880-0039 

>>会場案内


スポンサードリンク




足立の花火は車で行けるの?

東京の花火大会はどこもものすごい人が訪れて
かなり混雑します。

どこも交通の便が良いので、「公共交通機関を使って来てください」
って言われますが、できれば簡単に車で行きたい、
って人も多いのではないでしょうか?

しかし足立の花火に限らず、東京で行われる花火大会に
車で行くのは避けた方が賢明です!

会場周辺は広範囲にわたって通行止めになるなどの
交通規制が必ずありますし、
交通規制区域外でも渋滞でかなり時間がかかります。

交通規制を外れた場所にあるコインパーキングや
駐車場なども、かなり早い時間から満車状態になるので、
駐車料金はかさみますし、花火を最後まで見たら
混雑に巻き込まれてしまい、出ることも入ることもできない
という大変な状態になりかねません。

3~4駅離れた場所に駐車してそこから公共交通機関を利用する、
という手もありますが、それだけ離れていても渋滞する場合もあるので
イライラしてしまいそうです。

70万人とか100万人レベルの人が帰るには、
4時間ぐらいかかるらしいですよ〜。

誰でも混雑なく楽しく花火を見たいですが、
大勢の人が訪れる花火大会では
車で来ない方が色々とはかどりそうです^^

まとめ

足立の花火は西新井側から見た方が比較的ゆったりと鑑賞できます。

会場から川を挟んで少し離れてしまいますが
良い場所が取りやすいのでおすすめです。

東京スカイツリーのライトアップとかももしかしたら
見られるかもしれないので楽しめそうですよ。


スポンサードリンク




2017年7月10日 第39回足立の花火開催!足立の花火は車で行けるの? はコメントを受け付けていません。 イベント