アニサキスって何?アニサキスって何にいるの?

生の魚介類にいる寄生虫『アニサキス』が
かなり話題になっていますね?

芸能人でもアニサキスに感染し、
ものすご〜く痛い思いをしたという体験談が
ニュースになっています。

でもアニサキスって何なの?

アニサキスって何にいるの?

今日は寄生虫・アニサキスについてまとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

アニサキスって何?


引用:厚生労働省HP 

最近「アニサキス」って名前をよく聞くようになりました。

渡辺直美さんや庄司智春さん、南海キャンディーズのやまちゃんも
アニサキスに感染し、食中毒を起こしたことがニュースになりましたよね。

庄司智春さんに至っては、8匹のアニサキスがおり、
胃の中が血だらけだったとか。

アニサキスが1匹いただけですごい激痛なんだそうですが、
それが8匹もいて、胃の中が血だらけってゾッとしてしまいます。

今年になって食中毒の被害報告件数が急増しているアニサキス。

でもアニサキスって一体何なの?

アニサキスというのは、生の魚介類に寄生している寄生虫のこと。

長さが2cm〜3cm、幅が0.5mm〜1mm位の
ちょっと太めの糸みたいな形をしています。

アニサキスは魚介類の内蔵に寄生していますが、
寄生している魚が死んでしまうと内臓から筋肉に移動するそう。

寄生している魚介類が死んでも自分は死なないなんて
かなりしたたかなヤロ〜ですね^^

アニサキスを生で食べることで感染し、
みぞおちの激しい痛みや、嘔吐、下腹部痛などの
食中毒症状が見られます。

これがかなりの激痛で、1匹いるだけで脂汗が出て
死にそうな痛みが襲ってくる、と言っている人がいました。

それぐらい小さくてもダメージが大きい寄生虫・アニサキスなのです。

スポンサードリンク




アニサキスって何にいるの?

人の胃や腸壁に侵入しようとし、
その際、激しい痛みを伴う寄生虫・アニサキス。

このアニサキスって何にいるんでしょうか?

寄生しているのは魚介類が多いと言われ、

★サバ

★サケ

★サンマ

★アジ

★イカ

など、私達の食卓によくのぼる魚にも
アニサキスが寄生しているかも?っていう状態です。

スーパーのパックの中の魚でも見た
という体験談もあるので、珍しくない寄生虫なのかもしれませんね。

これらの魚は刺し身として食べる機会も結構あるので心配ですが、
お店などで出している場合には1度冷凍されたりしている場合なども多いため、
そこまで神経質になる必要はなさそうです。

鍋物用・加熱用と書いてあるものを生で食べたりすれば
話は別ですが。

天然モノだとウヨウヨいる寄生虫らしいので、
魚をさばく人は目でよく見て確認をしているようです。

普通は急速冷凍をしてアニサキスを死滅させているものが多いので

・とにかく生で食べない

・目視でアニサキスを取り除く

・加熱して食べる

・冷凍する

と注意をしていれば、そこまで神経質になる必要はありません。

まとめ

歯でしっかり噛んで食べたらアニサキスは死ぬ

わさびや酢・しょうゆで死ぬ

などとまことしやかに言われていますが、
これも嘘なんだそうです。テレビで見たのに・・・。

とにかく生で食べない、冷凍をした刺し身を食べるなど
最低限のルールを守っておいしく頂きたいですね。


スポンサードリンク




2017年5月19日 アニサキスって何?アニサキスって何にいるの? はコメントを受け付けていません。 健康