インフルエンザ 2017年の特徴がヤバイ!気になる症状とは?

いよいよインフルエンザの流行が本格化してきました。

でも今年のインフルエンザ、いつもと違うぞ!
と話題になっています。

今年のインフルエンザの特徴や気になる症状について
まとめてみましたよ。

スポンサードリンク



     

インフルエンザ 2017年の特徴がヤバイ!

今年もインフルエンザの大流行が始まっています。

いつもより早くインフルエンザの流行が始まった2017年ですが、
今年のインフルエンザは例年と違う特徴があると
ネットを中心に話題になっています。

2017年のインフルエンザの特徴として言われているのが・・・

★あまり高熱が出ない
⇨36度台の場合もある

★嘔吐・下痢がある

★腹痛がある

★咳・鼻水がすごい

★予防接種を受けていてもかかる(特に高齢者)

など。

特にインフルエンザの特徴として有名な『高熱』が出ない、
36度台なのにインフルエンザだった、という体験談も多く、
インフルエンザと気が付かずに風邪だと軽く思っているうちに
周りにインフルエンザを感染させる人が多いのではないか?
と危惧されているのです。

とは言っても、やはり高熱が出て筋肉痛が辛い、
というインフルエンザ特有の症状が出る人もいます。

今年の高熱が出ないという特徴は、

実際に今年インフルエンザに感染した人

家族が感染した人

が実体験としてSNSなどで情報を拡散している状態なので
事実であろうと思われます。

インフルエンザB型が高熱が出ない場合がある、
とよく聞くので、今年は熱の出ないB型も流行っているのかもしれませんね。

熱が出ないとインフルエンザと思わずに
仕事や学校に行ってしまい、結果感染を広げてしまう、
という可能性も。

今年の場合は、高熱が出なくても腹痛や下痢などが起こっても、
「もしかしたらインフルエンザかもしれない」
と考える必要があるので、注意しましょう。

スポンサードリンク




インフルエンザ 2017年の気になる症状とは?

インフルエンザの予防接種を受けたからといって
絶対にインフルエンザに感染しない!
という訳ではありません。

インフルエンザの予防接種を受けて効果がある人は
全体の60%と言われています。

予防接種を受けたのにインフルエンザに感染してしまう人が
高齢者を中心に今年は多い、という印象を持っている人が多いので、
特に高齢者は予防接種をしていても注意しておく必要があります。

インフルエンザの予防接種を受けたことで
インフルエンザ特有の症状である高熱が出ない、
ということもあるので、高熱のあるなしだけで
インフルエンザを判断してはいけません!

★今年のインフルエンザの気になる症状★

●高熱は出る場合と出ない場合がある

●嘔吐

●腹痛・下痢

●関節痛・筋肉痛

●頭痛

●鼻水・咳

●倦怠感

●脈拍が速い

など、高熱は出なくてもインフルエンザに特徴的な症状が
出る場合が多いため、こういう症状が見られたら
例え熱が低くてもインフルエンザを疑ったほうが良いでしょう。

熱がなくてもインフルエンザウィルスを感知することは可能なので
流行を広めないためにも病院に行くのが賢明です。

また子供の場合、タミフルが処方されてしまうのではないか?
と心配になる人も多いかもしれません。

その時には病院に電話してタミフル以外の薬を
処方してもらえるか?聞いてから行くと良いですね。

先生によっては子供用に『リレンザ』を
積極的に処方してくれる先生もいらっしゃいます。

リレンザもインフルエンザに効果が高い薬なので
安心ですよ^^

まとめ

ネットなどで今年のインフルエンザの傾向や特徴を調べると
高熱が出るインフルエンザの情報ばかりですが、
実際には熱が出ないインフルエンザも流行っていることが
SNSなどを見ればわかります。

もしかして?と思い当たる症状があった場合には
インフルエンザを疑ってみるのも、感染を爆発的に広めないためには有効です。  

スポンサードリンク




2017年2月1日 インフルエンザ 2017年の特徴がヤバイ!気になる症状とは? はコメントを受け付けていません。 健康